複式簿記と農業簿記を理解して、有効なスキルを身につけることが出来ます。

農業簿記検定

 

平成26年度から実施されている検定が、農業簿記検定です。
この検定は一般社団法人、全国農業経営コンサルタント協会が実施しているものです。
目的は、農業者の経営管理や合理化を行うためで、税務から会計、経営の専門家を作ることです。

 

近年では税金対策や資金繰りのために、農家の在り方が大きく変わっています。
最たる例としては、地方自治体からの給付金や助成金です。
個人で農業をやっていると対象外になってしまったり、あるいは出費がかさんでしまうケースがあるのです。

 

そこで、農家は個人事業主となって国へ申請を出したり、時には法人化して農業を行うようになっています。
個人事業主から法人化を行う場合もあるでしょう。
これらは農家の経済的な負担を一番軽くするために行われています。

 

農業簿記検定は、そんな需要から生まれた検定なのです。
主な内容は、複式簿記と農業簿記を理解して、有効なスキルを身に付けることにあります。
一般的な財務にプラスで農業に関する知識も必要になるため、資格を得るのは簡単には行きません。
通常の簿記の知識に加えて農業も理解しなければいけないのです。

 

この農業簿記検定を持っていると、企業やコンサルタントの道が開けるでしょう。
農業関係の企業に属してれば適切な財務管理が出来るため、キャリアアップが実現出来る確率は高いです。
農業簿記のコンサルタントになれば、個人農家に対して商売を行うことも出来ます。
企業が事業拡大を狙うのにも有効となるでしょう。

 

農家にも近代化が広がっており、今はその転換期と考えて良いです。
多くの人が農家を合理的に考えて適切な運営形態へと変わっているのです。
そうした需要に応える農業簿記検定は、手に入れないと損する資格ではないでしょうか。
ビジネスのチャンスが広がっている今こそ、農業簿記検定は必要なのです。
事業拡大やキャリアアップにここまでふさわしい資格は無いでしょう。