土壌の改善を行える人は少ないため、土壌医検定を得ることは一種のステータスになるでしょう。

土壌医検定

 

土作りの様子

 

土壌医検定とは、土壌診断により適切な土作りのアドバイスを行う人のことです。

 

近年、野菜などの作物を作る際に、栄養バランスの崩れによって生育障害や連鎖障害等が発生しています。こうした問題が起きると農家は致命的なダメージを受けてしまい、ひどい場合は廃業に追い込まれることもあります。

 

適正な土壌作りや適正な施肥が重要なのですが、実はこれが厄介な問題となっています。

 

そもそも土作りに対してアドバイスできる人が極端に少ないのです。農家の人が公的機関に助けを求めても、それに応えられる知識を持った人材が居ないのです。

 

そこで、土作りの専門家を育成するべく誕生したのが土壌医検定なのです。

 

検定には3段階のレベルが存在しています。

 

一番簡単な3級は土づくりアドバイザー2級は土づくりマスター1級が土壌医となります。
2級と3級に関しては実務経験が不要で、試験さえ合格すれば得られる資格です。

 

しかし、1級の土壌医は5年以上の実績が必要とされており、施肥改善から作物育成の改善指導ができるレベルとされています。

 

自分自身の知識がどれほどのものなのか確認すると共に、技術水準がどのぐらいかを客観視するきっかけになるでしょう。

 

今後のキャリアアップに向けた指標にもなりますし、農業関係の企業や団体への就職活動にも使えます。

 

 

 

土壌医検定の資格を得ていれば、土作りのアドバイザーとして活躍出来るでしょう。
当然、3級よりも1級の資格を持っている方が専門家や指導者として信頼感が向上します。

 

企業であれば、社員が土壌医検定を持っていれば顧客満足度が上がりますし、新しいサービスの展開も可能です。

 

まさに事業拡大に役立つ資格だと言って良いでしょう。

 

農業において土は極めて重要な役割を持っています。
土によって作物の美味しさが決まると言っても良いぐらいです。
そんな大事な土だからこそ、専門的な知識を持ってサポートする人が必要なのです。

 

土壌の改善を行える人は極めて少ないため、土壌医検定を持っていることは一種のステータスになるでしょう。

 

農薬管理指導士についてはこちら