移住して農業を始めるには、その地域の生活スタイルに順応することも大切です。

移住して農業を始める方法

未経験でノウハウ、資金力、人脈のない中で農業を始めるなら移住をする方法がオススメです。

 

過疎化の進んでいる地域では、移住者の受け入れ支援を積極的に行っています。
移住や農家への転身を検討している方であれば、移住者向け支援制度の話や、テレビや動画での密着取材をご覧になったことがある方が多いでしょう。
当サイトでは、移住して農業を始めるメリットとデメリットについて深く掘り下げて紹介しています。

 

不便な地域になるほど移住者支援が手厚い

移住者支援が手厚い地域の農家

自治体の財政やタイミングによっても変わりますが、全体的な傾向としてはアクセスが良くて利便性の良い地域よりも、不便で過疎化の著しい地域の方が手厚い移住者支援を用意しています。
なかには当初3年は収入保証を行っているケースもあり、失敗を繰り返しながらリスクなく農業スキルを身につけられる地域もあります。

 

農業で成功させたり、リスクなく始めたりするためには補助や支援が手厚い地域を選ぶことが大切ですが、生活に馴染めずに後悔するケースが多いです。
特に夫婦や家族で揃って移住するのはリスクが高いです。家族が多い分だけ不自由な生活に耐え切れず不満を爆発させる人が現れるリスクが高まります。

 

こうした問題を解決するべく、地域によっては移住者向けにお試しで1泊から数日程度の生活を体験できる制度を用意しています。
移住して農業を始めるには、仕事を成功させたり生活費を工面したりするだけではなく、その地域の生活スタイルに順応することも重要です。

 

移住者支援は若い方が有利

過疎化の進む地域では、後継者不足や空いている農地を稼働させるだけではなく人口を増やしたいという思いがあります。
人口を増やす意味で、特に子供のいる家庭は優遇されます。
仕事を定年退職した老夫婦と、若いファミリーやこれから出産も期待できて、子供ができなくても長く働ける可能性を持つ若者の方が、移住者を受け入れる自治体側から見て歓迎する要素は詰まっています。
農業移住者を受け入れる自治体では住居の補助、子育て支援に力を入れているところが多く、高齢者よりも有利な条件で移住できるケースが多いです。

 

特産品の利幅を調べる

利幅に差のある農作物

移住者向けの支援を行っている地域は全国に多数あります。
既に新規募集を終了している所も多く、人気に偏りが出ています。
移住者支援制度は充実しているのに人気がない地域は、農業の仕事内容が大変な可能性があります。

 

農業は農作物によって利幅や育てる難しさが違います。
最低限の雨と日光があれば勝手に育って、作り手による味の差が出にくいものもあれば、手間暇かけた重労働を求められて、結果的に生活はできても利益が少ないものもあります。
農家からの人気や評判の低い農作物だと生活できても、やっていることに対して割に合わないと思ってしまうものです。

 

移住農家は支援を受けることで失敗する確率は低いですが、手厚い移住者支援を受けられるケースでは大儲けできるチャンスが少ないです。
田舎暮らしやスローライフに魅力を感じていなければ移住して農業を始める方法はオススメできません。
移住すること自体は悪くないので、商売として成功させたいのであれば勉強をして、支援のない地域でもチャンスが大きい地域と農作物を探して自己資金を使った移住もオススメです。