農家の事業を拡大するのに役立ち、企業に所属するならキャリアアップを目指せる検定です。

日本農業技術検定

 

日本農業技術検定は、農業に関わるプロフェッショナルの育成のための検定です。

 

農業高校や大学で学ぶ学生や農家の人を対象にした専門的な検定だと考えて良いです。
知識や技能を客観的に評価して、高い水準であるかどうかを検定します。

 

これは平成19年度から実施されているもので、最近始まったばかりのものなのです。

 

日本農業技術検定は、これからの農業を担う人材として注目が集まっています
能力が一定の水準に達していることが保証されるため、大学入試や企業が優先採用することも増えているのです。日本農業技術検定を受験するメリットはかなり高いと言えるでしょう。

 

日本農業検定の注意点を紹介する男性

ここで間違えないようにしたいのが、日本農業検定についてです。

 

日本農業検定と、日本農業技術検定別物です。

 

技術検定の方はプロフェッショナルを育成する専門的な検定ですが、農業検定は趣味で行う検定です。質がまったく違うので誤認しないようにしましょう。

 

日本農業技術検定には1級から3級がありますが、3級は入門レベルとなります。
いくら検定が有利になると言っても、3級では大学入試や就職時に高い効果を発揮しません
最低でも2級を目指し、可能なら1級の取得を目標にすると良いでしょう。

 

3級は学科試験のみとなりますが、1級と2級は実技試験も必要となるのです。
勉強だけでなく農機具の操作も要求されるため、内容を確認しておくと良いです。

 

学科試験では、農業一般の試験に加えて、作物や野菜、果樹や畜産などの科目から1科目選択します。どれも専門的な知識を求められますので簡単には行かないでしょう。
しっかりと時間を確保して勉強するのが検定合格の近道です。

 

農業に関わることを決めているなら検定に合格しておくと良いです。
農家になった後で事業を拡大するのに役立ちますし、企業に所属するならキャリアアップを目指せます。難しい検定だからこそ、合格した時の価値が高いのです。