趣味や実益を兼ねた知識を得られるのが日本農業検定の魅力です。

日本農業検定

 

日本農業検定は、小学生から一般の人を対象にした農業の検定です。

 

間違えやすいのは、日本農業技術検定と勘違いしてしまうことでしょう。

 

農業を行うプロ向けの検定が、日本農業技術検定です。そして、一般の農業に興味がある人を対象にした検定が、ここで紹介する日本農業検定なのです。

 

農業と聞くと、普通の人は作物を作る人という認識しかありません。
しかし、農業は作物を作るだけでなく流通や調理にも関係しているのです。

 

そうした農業の実態を知ってもらうために日本農業検定は出来たのです。
広義での農業を理解した人を評価するために存在していると言っても良いでしょう。

 

履歴書に書ける日本農業検定

日本農業検定を取得するメリットですが、主に進学や就職の履歴書に記載出来ることです。

 

一般企業ではあまり注目されないでしょうが、農業関係の学校や企業であればポイントは高いです。

 

さらに、広義の農業を知る機会が生まれるので、日常にも役立たせることが出来ます。例えば、家庭菜園を行う際の知識が得られたり、スーパーなどで食品を選び際に役立ったりします。

 

このように趣味や実益を兼ねた知識を得られるのが日本農業検定の魅力なのです。

 

試験内容は特に難しいものは無く、少し勉強すれば合格出来るレベルです。
小学生が受けることを想定しているものなので、簡単に受かると思って良いでしょう。

 

これには意図があり、日本農業検定は農業に関心のある層を拡大して、農業の理解者や応援者を増やすのが目的です。
特別な資格を与えることが目的ではなく、その過程を重視しているものなのです。

 

本気で農業を行う人からすれば簡単過ぎると思うかもしれませんが、検定に合格しておけば実績が生まれます。何も資格を持っていないよりも、検定に合格している方が評価はプラスになるでしょう。

 

3級~1級まであるので、1級を目指して検定に応募してみましょう。
簡単だと思っていても、意外と答えられない問題が出て来るかもしれません。

 

小学生が受ける検定だからと言って、それ自体に意味が無いことは無いのです。