キャリアアップや事業拡大のためには、是非取得しておきたい資格です。

農薬管理指導士

 

農薬管理指導士とは、その名の通り農薬を扱う資格を得た人です。

 

研修を受けて認定試験に合格することで、都道府県知事から資格を貰うことができます。

 

この資格には有効期間があり、基本的に3年間となっています。
期限が切れたら更新のために研修の受講が必要となる資格なのです。

 

3年で資格が切れてしまうのは短いと思うかもしれませんが、それだけ農薬は危険なものなのです常に最新の知識を得て農薬を理解していなければ、資格を持つことが許されないと考えてください。だからこそ、3年ごとに更新を課しているのです。

 

ちなみに、農薬管理指導士の名称が分かりにくいという理由から、農薬適正使用アドバイザーの名称に変わった自治体もあります。

 

また、毒物劇物取扱責任者の資格を持っている場合は、農薬指導マスターと呼ぶ都道府県も存在します。

 

この資格を持っていると当然、農薬に関して様々なアドバイスを行うことができます。
農業や農薬販売、ゴルフ場業者など多岐に渡る場所で農薬のアドバイザーとして活躍出来るでしょう。
キャリアアップや事業拡大のために、ぜひ手に入れておきたい資格です。

 

農薬管理指導士の資格は、農業や農薬販売等などに2年以上勤務した実務経験が必要となります。つまり、学生の内からこの資格を得るのは出来ないのです。

 

ただし、一部の都道府県では条件が設定されておらず、個人が行う家庭菜園を実務経験と見なすケースもあります。
自分が住む自治体へ農薬管理指導士の概要について確認しておくと良いでしょう。

 

農薬管理指導士の資格を持っている男性

農薬と聞くと危険で作物に害を与えてしまうと感じる人が居ます。

 

しかし、適正な量の農薬は現代の農業では必須と言っても過言ではありません。

 

そんな中で食の安全を守り、健康被害を出さないようにするためにも農薬管理指導士は重要なのです。雑草や害虫駆除に農薬を使うことは多く、様々な場面で活躍しています。

 

農薬関係の事業拡大を行うのであれば、必ず入手しておきたい資格ではないでしょうか。
合わせて毒物劇物の取り扱い資格も得ておくと、さらなるキャリアアップにも繋がります。