職場内でのキャリアアップ、野菜の調理やセミナーといった農業の事業拡大が狙えます。

野菜コーディネーター

 

野菜コーディネーターという資格があります。
これは、世間一般に知られる野菜ソムリエとはまったく別の資格なので注意しましょう。

 

野菜コーディネーターはホールフード協会の認定資格となっています。
通信教育機関の養成講座で課題レポートを提出すれば資格を得られます。

 

特別な条件は無く誰でも受けられますし、問題がなければ4ヶ月で資格を入手可能です。
空いた時間に自宅で得られるのがこの資格の良い部分だと言えるでしょう。

 

存在意義としては、野菜や果物の品種や選び方に成熟した人というものです。
他にも保存方法や調理方法も学ぶことになります。

 

この辺りは野菜ソムリエと同じような資格と考えて良いでしょう。

 

資格を持っていれば野菜に関係する様々な分野で評価が上がります。

 

職場内であればキャリアアップに繋がりますし、農業関係であれば野菜の調理やセミナーといった事業拡大が狙えます。

 

野菜に詳しくなれば、それだけ人生のチャンスが増えると考えて良いでしょう。

 

ちなみに、受講料ですが3万7000円ぐらいになります。
4ヶ月の通信教育なので、1ヶ月1万円かからない費用で資格を手に出来ます。

 

しかも、野菜コーディネーターは資格を得たらずっと名乗り続けられるのです。

 

一方で類似する資格である野菜ソムリエですが、こちらは通学制のコースが必須となっています。つまり学校へ通わなければ資格を得られないのです。

 

さらに、資格入手には1年必要で、受講料は15万円以上の出費となってしまいます。
極めつけは1年ごとに更新料を払わないと使えなくなるのです。

 

野菜コーディネーターの女性

簡単で楽に取れる野菜コーディネーターを得るのか、高額で大変な野菜ソムリエを取るのか、じっくり考える必要があるでしょう。

 

野菜ソムリエの方が大変ですが、こちらの方が世間一般の信頼度が高くなっています。

 

自分に合っている資格がどちらなのかを見極めて、資格入手に励みましょう。野菜について詳しくなれば道のりは明るくなるのです。